海外FXの手数料ってどのくらい?【経費にできます】

海外 fx 手数料
とれまる

「海外FXの手数料ってどれくらい?」

「海外FXで手数料がかかるのは知っているけど、安く抑える方法はないの?」

こんな疑問を解消していきます。

 

海外FXの手数料はそこまで高額ではないですが、最悪の場合だと5000円かかってしまうこともあります。

 

それにトレードや入出金を重ねていった結果、実は膨大な金額を損していた可能性も。

 

そこで今回は「海外のFXは手数料どのくらいなのか」「手数料をうまく利用する方法」について解説していきます!

 

海外FXの手数料の種類

海外FXの手数料の種類

  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料(スプレッド)
  • 講座維持手数料

実はFXの手数料って1種類だけではありません。

海外FXをするさいに色々な手数料がかかってくるんです。

 

入金手数料

FXを始めるさいは硬貨を取引するための口座を決めると思いますが、それは業者(会社)のものですよね。

なので、お金を入金するときに手数料がかかってくるのです。

これは銀行と同じで、口座に振り込む際に入金手数料がかかってきます。

 

とはいえ、ほとんどの口座は手数料が無料になっていることが多いのですが、その手数料を完全に無料にする方法がある。

それはクレジットカードを使った入金方法。

 

クレジットカードを使った入金は口座を介さないため手数料がかからない上に24時間入金でき口座への反映も非常に早いです。

 

出金手数料

出金手数料は海外のFX口座から出金するときにかかるもの。

ただこちらもクレジットカードを使えば、入金額のショッピング枠として返金されるので手数料が無料になるんです。

 

なので入金手数料・出金手数料で損したくない人はクレジットカードが最強。

 

ちなみに海外の銀行から国内の銀行に出金する場合、中継の銀行を必要とするので、出金手数料が数千円程度かかる。

銀行同士の入出金はやめた方がいいでしょう。

 

取引手数料(スプレッド)

取引手数料(スプレッド)というのは、硬貨をトレードするときにかかります。

この手数料はFX業者ごとに違うのでチェックしておくのがおすすめ。

基本的には安いのですが、スキャルピングトレードをするときはトータルの取引手数料が利益を上回ることもある。

 

なので、あなたの取引スタイルに合わせて、手数料を念入りにチェックしておくといいでしょう。

 

スキャルピングトレード : 数秒~数分間という非常に短い時間軸でおこなう超短期トレードのこと

短期トレードを何回もするので、手数料がかなりかかってしまう。

 

口座維持手数料

海外FX口座を開設したにもかかわらず、一定期間取引をおこなわないで放置しておくと口座維持手数料というのがかかる。

口座維持手数料は他の手数料と比べて高めです。

大体、数千円程度払うことになります。

 

ちなみに業者によって口座維持手数料の発生条件や金額などが変わってくるので確認しておきましょう。

 

海外FXのスリッページに注意

海外FXのスリッページに注意

スリッページは「注文価格と約定価格の差」のことをいい、約定価格は売買が成立した価格のことをいいます。

つまり顧客などが注文したときの金額と、我々が購入したときの金額の差がスリッページなのです。

 

FX業者はインターバンク市場からでた注文を、代わりにだしてくれる会社のことで、インターバンク市場での商品価格は24時間常に変動します。

それゆえに、FX業者が商品を提供する頃には価格が変わってしまうことがあるんです。

これが、スリッページと呼ばれる価格の差。

 

また海外のFX業者にはスプレッドが安い(取引手数料が安い)と宣伝文句を歌う業者が多い。

が、スプレッドが安くてもスリッページが大きいと、結局は取引手数料が多くなります。

スプレッドだけなくスリッページもチェックして、取引手数料を安く抑えるといいですね。

 

※「約定値段」「約定レート」も約定価格と同じ意味で使われます。

 

海外FXの手数料をうまく利用する方法

海外FXの手数料をうまく利用する方法

結論からいいますと、手数料を経費に落とすことです。

とはいえ、そもそも経費についてよく分からない人も多いと思うので例をだしながら解説していきます。

 

まず、利益と収益の違いを知っておいてください。

FXで稼いだ金額が収益となり、そこから経費で引いたものが利益となります(利益=税金と考えるとわかりやすい)。

利益 = 収益ー経費

 

また、収益をあげるのはそう簡単なことではないので最短距離で稼ぐなら経費をあげることを意識するといいでしょう。

なので、経費をあげていかないと利益(税金)が増えることになり、稼いだ金額からどんどん引かれていくわけです。

 

ゆえに、収益をあげつつ経費を大きくしていくのが最短距離で稼げる方法になります。

では、どういったものが経費になるのでしょうか。

下記で解説していきます。

経費で落とせるもの

FXに関連するものであれば、ほとんどが経費にすることが可能です。

  • FX勉強のための書籍代
  • セミナー代
  • パソコン代
  • 家賃
  • 光熱費
  • 家具代

 

家賃・光熱費などはFXとは関連していない物ですが、場合によっては経費として認められることもあるそうです。

ここは、税務省の人たちが判断してOKだったら経費にできるので、不安だったら家賃や光熱費などは経費にしなければいいでしょう。

 

また、領収書やレシートを経費の証拠品として残しておくとトラブルが起きません。

 

経費で落とせないもの

  • 一般的な新聞
  • FX勉強のためのカフェ代など
  • 旅行

カフェでFXをしたり、旅行先でFXをやっていたとしても、半分以上の時間は娯楽や食事をしているだけなので経費として認められません。

 

また、手数料として支払うスプレッドも経費に落とすことはできないようです。

スプレッドは売買するときの差額のことで、スプレッドを経費にすると売上の計算が合わなくなるからです。

 

経費の細かい分類については税務署に直接問い合わせるのが一番早いかと思います。

 

海外FXの手数料は経費で落とせる

海外FXの手数料は経費で落とせる

海外FX業者の口座には「ECN方式」と「STP方式」の2種類があります。

そのうちのECN方式の取引手数料は、スプレッドとは別に、外付け手数料がある。

つまり手数料が2つあるということ。

 

スプレッドはトレードをする際に自動的に支払われるので経費にはできませんが、外付け手数料は経費とみなすことが可能です。

またもう一方のSTP方式は、外付け手数料がスプレッドに含まれています。

なのでSTP方式は手数料を経費として落とすことはできません。

 

手数料を経費にするなら「ECN方式」の口座を選ぶといいですね。

 

ECN方式 : Electronic Communication Network方式の略称
取引手数料はスプレッド+外付け手数料で決定する。
STP方式 : Straight Through Processing方式の略称
取引手数料は外付け手数料を含むスプレッドで決定する。

 

海外FXの手数料は経費に落とせる:まとめ

海外FXの手数料は経費に落とせる:まとめ

【手数料の種類】

  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料(スプレッド)
  • 講座維持手数料

海外FXにおける入出金の際は、クレジットカードを使った方法がおすすめ。

また、収益をいきなり伸ばすことは難しいので、まずは経費に落とすことができるのかを考えておくといいでしょう。